クラビットのその効果と副作用について

cravit

クラビットは感染症状を改善する抗生物質であり、ニューキノロン系の経口抗菌薬です。

皮膚感染症、尿道炎、膀胱炎、前立腺炎の泌尿器感染症、気管支炎、肺炎の呼吸器感染症や細菌以外ではクラミジアにも効果を発揮します。

クラビットの主成分レボフロキサシンはDNAの複製を阻害することにより細菌の増殖を妨げ殺菌します。

細菌が原因で起こる感染症に用い、細菌に対して優れた抗菌性を有しているため、さまざまな細菌の殺菌に効果があります。

クラビットを一日一回500mgを水またはぬるま湯で食後に経口服用します。

感染の症状により減量して用いることもあります。

クラビットは副作用として発疹、のどの渇き、不眠症、倦怠感などが起こることがあります。

cravit

感染症の治療過程では症状が治まっても細菌が潜伏していることがあるため、完治するまで服用する注意が必要です。

著者も、膀胱炎の治療でクラビットを使用しました。

抗生物質の中でも効きが良く、かつ副作用が少ない薬だと感じました。

なかなか良い薬だと思いましたので、常備薬として保管していれば安心感もあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ