クラミジア治療薬レボフロックス紹介

levoflex

レボフロックス250㎎はシプラ社が製造しているクラビットのジェネリック医薬品です。

レボフロックスの有効成分であるレボフロキサンは細菌のDNAの複製を阻害し、強い抗菌作用があるため幅広い細菌感染症を中心に効果があります。

レボフロックス250㎎はニューキノロン系の抗菌作用があり性感染症であるクラミジアや淋病のほか子宮内、尿道炎の感染症などの治療にも効果的です。

新しく開発されたニューキノロン系の薬剤で殺菌効果も期待できる薬です。

レボフロックス250㎎は1日1回2錠を経口投与します。

アレルギー体質の方やキノロン系の薬剤に敏感な方は医師や薬剤師に相談のうえご使用下さい。

レボフロックスの副作用として発疹、めまい、嘔吐、下痢などの症状が現れることがあります。

また腎機能障害の方や虚血性心疾患など心臓に重い病気がある方は医師の相談をおすすめします。

著者は膀胱炎を良く発症します。

仕事で海外に行くことが多いのですがレボフロックスを持参しているおかげで膀胱炎と思ったときに飲むと改善します。また風邪の常備薬としても用いることがあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ